本文へスキップ

 






社会福祉法人ぶなの木福祉会のホームページへようこそ。

「 1日に2〜3時間でもいいから地域の中で仲間と一緒に、安心して過ごせ社会とのつながりが持てる
場がほしい。」という、重度障がいの子どもを持つ母親たちの 切実な願いと、この願いに共感した
ボランティアや地域の人達など大勢の人達が、心と力を合わせ行政の後押しもいただき開設することが
できたぶなの木学園です



沿革
平成4年
・「ぶなの木学園」をつくる会発足

平成5年
2月
・通所療育施設「ぶなの木学園」開設
10月
・白鳥町有の建物に入居し、白鳥町心身障害者通所小規模授産事業を受託、                      小規模作業所ぶなの木学園としての活動を始める

平成10年
・法人設立準備会発足

平成14年
3月
・社会福祉法人「ぶなの木福祉会」設立
4月
・障害者通所授産施設「ぶなの木学園」事業開始
7月
・心身障害児(者)施設地域療育(オープン化)事業開始
・ふれあいホーム「なかまの家」改築工事完了
8月
・岐阜県の指定を受け、ふれあいホーム「なかまの家」事業開始
・岐阜県より岐阜県在宅心身障害児(者)ナイトケア事業の指定を受ける

平成15年
4月 
・指定支援施設の指定を受ける
・指定居宅支援事業者及び児童短期入所事業者の指定を受ける
10月
・知的障害者地域生活援助事業所の指定申請
・指定支援施設(分場)指定申請

平成16年
1月
・岐阜県より知的障害者地域生活援助事業の指定を受け、
 グループホーム「ぶなの木ホーム」定員4名 事業開始
・指定支援施設(分場)事業開始
10月
・指定居宅支援事業(宿泊を伴う短期入所)申請

平成17年
4月
・指定居宅支援事業(宿泊を伴う短期入所)の指定を受け事業開始

平成18年
4月
・岐阜県共同募金会より助成を受け、やまと分場共働社2階部分改修
10月
・生活施設「ぶなの木ホーム」を共同生活介護(ケアホーム)に移行

平成19年
2月
・作業棟改築、本館改修、短期入所の居室を本館に併設
4月
・指定障害福祉サービス多機能型事業所へ移行(生活介護、就労継続支援B型、就労移行支援)
・地域生活支援センター「サポートぶなの木」開設、日中一時支援の受け入れ定員を5名に変更
・相談支援事業、居宅等介護事業、地域生活支援事業開始

平成20年
3月
・ぶなの木学園共働社1階部分を改修し、「食彩工房ぶなの木 森のパン屋さん」を開店
11月
・居宅介護、訪問介護、行動援護事業を廃止

平成21年
3月
・共同生活介護施設(ケアホーム2号)定員7名 開設

平成22年
5月
・福祉喫茶「ぶなの森」一部を改装してお菓子工房開設

平成23年
9月
・共働社2階にジャム、クッキーの製造に必要な授産機械を整備
・本館作業棟に廃油石けん(スティック)商品化のための授産機械を導入
12月
・ぶなの木学園共働社大規模設備整備事業により、パン機器を増設するとともに、野菜乾燥、粉末機一式を導入

平成24年
1月
・共同生活介護施設「ぶなの木ホーム」3号 定員5名を開設
3月
・ふれあいホーム「なかまの家」事業終了(制度廃止のため)
・事業所再編のための申請書提出
4月
・日中活動事業所を「ぶなの木学園」「ぶなの木学園共働社」の2事業所に再編
8月
・岐阜県自立支援設備整備補助金を得て、共働社の授産製品生産体制整備充実をはかり、
 清流国体、大会お土産商品を開発

平成25年
2月
・岐阜県社会就労推進生産設備整備補助金を得て、共働社に野菜コンテナハウス、移動販売車を購入
3月
・生活介護、日中一時支援の利用者増加に伴って、旧「ことばの教室」の無償貸与を受け、
 岐阜県自立支援基盤整備事業補助金により、「ぶなの木学園」を拡張
・生活介護利用者の増加に伴い、定員変更(24名⇒30名)を行うための届出書提出
・共働社就労移行支援の利用希望者がいなくなったため、就労移行支援事業を廃止し、就労継続支援B型事業の
 定員変更(14名⇒20名)を行うための届出書提出
4月
・ぶなの木学園定員変更 34名⇒40名(生活介護30名 就労継続支援B型10名)

平成26年
2月
・岐阜県社会福祉施設等スプリンクラー設備整備事業費補助金を得て、ぶなの木ホーム2号スプリンクラー設備を整備
3月
・郡上市商工会「郡上ブランド」に、はぴはぴ石けんとコンフィチュールが認定される
4月
・新会計基準に移行
6月
・岐阜県共同募金会配当金を得て、ぶなの木ホーム2号利用者乗降用車寄せを設置
8月
・八幡大手町通りに郡上アンテナショップ「町家千代」を開設
9月
・日本教育公務員弘済会岐阜支部奨励金を受けて、シュリンク機械用シーラーを購入
10月
・岐阜県社会福祉施設等スプリンクラー設備整備事業費補助金を得て、ぶなの木ホーム1号、3号スプリンクラー    設備を整備

平成27年
3月
・岐阜県社会福祉施設等設備整備事業所補助金を得て、グループホーム4号 定員4名、5号 定員6名 開設
4月
・上窪栄一様より上窪邸(建物及び土地)寄贈
7月
・岐阜県共同募金会配当金を得て、作業棟別館を開設
9月
・岐阜県愛のともしび基金事業費補助金を得て、手焼き饅頭焼成型機(3連式)を購入

平成28年
3月
・セルプの店「町家千代」改修工事を実施
・24時間テレビ福祉車両(トヨタハイエースリフト付き)贈呈

定款

事業一覧

組織図

法人事業について

役 員 名 簿
任     期 平成27年4月1日〜平成29年3月31日
理事長 佐々木 元 理事 正田 照子
副理事長 石徹白 ヒロ子 理事 上村 富夫
理事 鷲見 育夫 理事 西脇  栄
理事 野田 美鈴 理事 山田 弥生
理事 蓑島 茂樹 理事 三島 尚美
理事 松井 政男 理事 寺田 澄男

   評 議 員 名 簿
 任     期 平成28年4月1日〜平成29年3月31日   
 評議員  佐々木 元 評議員   寺田 みゆき
 評議員  石徹白ヒロ子  評議員  野田 淑子 
 評議員   鷲見 育夫 評議員 遠藤 協子
 評議員  野田 美鈴  評議員  野田 祐子
 評議員 蓑島 茂樹   評議員  鷲見 栄
 評議員 松井 政男   評議員 美谷添 祐美子
 評議員   正田 照子  評議員  大城戸 みさと
 評議員 上村 富夫   評議員  佐藤 恵代子 
 評議員  西脇 栄  評議員 高橋 真砂 
 評議員  山田 弥生  評議員 高橋 行人
   評議員  古田 恵美子




社会福祉法人 ぶなの木福祉会

ぶなの木学園

〒501-5121
岐阜県郡上市白鳥町白鳥33-17

TEL   0575-83-0123
FAX   0575-83-0120
メール bunanoki@gujo-tv.ne.jp


ぶなの木学園共働社

〒501-4601
岐阜県郡上市大和町大間見196

TEL    0575-88-0088
FAX    0575-88-0092
メール  kyoudousha@gujo-tv.ne.jp